相続対策3つのポイント② 納税時に困らないために

納税資金の準備・確保

 

相続税は、相続開始時から 10 カ月以内に現金で一括納付が原則です。

但し一定の条件を満たせば、特例として延納や物納が可能です。

いきなり多額の現金を準備できるならよいのですが、相続財産に不動産 の割合が高い方、現・預金が少ない方、相続人が現・預金を持っていない 場合は、納税資金の準備をしっかりと行っておきましょう。

  

 

 1.預貯金等の贈与:生前贈与の非課税枠を使い、金融資産の名義変更をしておく。

 

 2.生命保険の活用:保険金が現金で支払われる上、節税にもなります。

 

 3.保有資産の見直し:不動産の有効活用・売却。物的資産の準備。

 

 

 

まずは納税額や支払い能力をチェックしましょう。→ 相続シミュレーションへ

 

 

次は何をお知りになりたいですか?

 相続準備のご相談

相続発生後のご相談

 

むさしの相続相談室は、初回相談無料です(予約制)。

土日も営業しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

【受付時間】毎日9時 〜 18時

【営業時間】月曜 〜 土曜 9時 〜 20時:日曜 9時 〜 18時 

 

☎︎ 048-476-8583

 

メールでのお問い合わせはこちらから。