相続対策3つのポイント① 争族にならないために

円満な遺産分割

 

遺産の分割は、遺産分割協議書によって決めるのが理想的ですが、相続人全員が納得するように分けるのは難しいものです。

そこで、誰に何を残すかを決めておくことが家族のためにも重要です。 

 

相続

 

財産には大きく分けて、

 

 

 1.遺言による相続

 

 2.法定相続

 

 

とがあります。遺産の分け方を事前に決めておくのが遺言です。

遺言書では、親族以外にも財を残せるなど、亡くなった後にも自分の意思を活かすことができます。

 

遺言の方法

 

遺言の方法は、

 

 

 1.自筆証書遺言:全文を自筆で書きます。一番手軽に作成できる遺言書です。

 

 2.公正証書遺言:公証役場で公証人に作成してもらう遺言書です。

 

 3.秘密証書遺言:相続人等に知らせることなく秘密で作成する遺言書です。

 

  

の、3つの方式があります。

なかでも、一番安全で確実な「公正証書遺言」をお勧めします。

 

また、判断能力が十分でなくなった時の意思と権利の保護のために、「成年後見制度」を利用しましょう。

 

成年後見制度

 

成年後見制度には、

 

 

 1.法定後見制度:成年後見人は、家庭裁判所によって選ばれます。

 

 2.任意後見制度:本人の判断力が十分あるうちに自ら後見人を選びます。

 

 

の、2種類があります。

 

 

次は何をお知りになりたいですか?

 相続準備のご相談

相続発生後のご相談

 

むさしの相続相談室は、初回相談無料です(予約制)。

土日も営業しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

【受付時間】毎日9時 〜 18時

【営業時間】月曜 〜 土曜 9時 〜 20時:日曜 9時 〜 18時 

 

☎︎ 048-476-8583

 

メールでのお問い合わせはこちらから。